将来が不安なわけではない

フリーランスエンジニアは特定の企業に就職することなく、自身の技術を会社やクライアントに提供して生計を立てている職業です。フリーランスの人口は年々増え続けている傾向にあり、就職していた企業を退職してフリーランスとしての活動を新たに始めるエンジニアも多数います。
フリーランスで働くということは、時間をある程度自分に融通がきくように調整できたり、また、本当にやりがいのある仕事のみを受けることができる、などさまざまなメリットがある働き方です。しかし、企業に就職しない働き方であるので、社会保障や、収入面の安定などで不安や悩みなど多くの問題を抱えています。また、仕事を常に紹介してもらえるとは限らず、自分で自身の営業活動も並行して行わなければならないなど、求人やマッチングに関する悩みや不安もあります。フリーランスがコンスタントに仕事を得るためには人脈を大切にし、またマッチング業界のように仕事を紹介してくれる第三者と常に繋がりを持っておくことが必要です。社会保障などの安定がないため、老後や健康面に対する不安を抱えている人も多いです。健康上の理由などで仕事が遅れたり、穴を開けてしまうことは信用問題に関わり、後々の仕事にも影響を及ぼしかねません。フリーランスで働くということは、仕事の進捗状況はもちろん、日常の健康管理においても自己管理がとても大切になってくる働き方です。自由ややりがいなど魅力も多い働き方ですが、その分大変なことも多い働き方でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です